株式会社シティトラスト不動産

ホーム事業内容採用情報プライバシーポリシーサイトマップ

新築マンション情報 中古物件情報 不動産売却をお考えの方 お問合せ 会社概要

シティトラスト不動産HOME >>不動産投資とは

不動産投資とは
 
不動産投資とは、所有の土地に建物を建て、それを売却したり賃貸したり、新たに不動産物件を購入し賃貸物件として利益を上げることを言います。なぜ今不動産投資なのでしょうか。現在のリスクの少ない金融商品は低金利で今の時代には資産形成は非常に難しく魅力がありません。逆に株式投資などは、当初は小額からの投資で始められ、ある意味手ごろではありますが、かなりハイリスク・ハイリターンなのです。
そこで不動産投資なのですが株式投資などと比べると、リスクの少ない投資とも言えますが「ミドルリスク、ミドルリターン」とも言われ小額で短期的な投資ではありません、かなり高額な投資になります。ただ安定した資産を形成し長期間に渡って不労所得をもたらすため、サラリーマンの方でも将来の年金に変わる所得を見込みマンションなどに投資をする方々も多くなりました。
不動産投資にも様々な形態がありますが、昨今賑わしているサブプライムローン(証券化投資)などもそのひとつであります。ここでの不動産投資とは直接投資を言います。マンションやアパート、オフィスビル等を建築や購入して、家賃やテナント料を得る投資のことであります。
投資方法としては二つに分けられます。ひとつは、自己資金から不動産を購入する方法。
二つ目は、所有している土地などに建物を建て収益物件にするか、土地を他人に貸出し地代収入を得る方法などに分けられます。
しかし、直接不動産投資は多大な資金が必要となり、投資できる方が限定されていますが、多くの場合自己資金のみで不動産を購入するのではなく、金融機関より借入金を受けて投資を多くし収益の拡大をいたします。成功した場合は毎年安定した収入が得られますが、同時に非常に難しい投資であることは間違いありませし、沢山の専門知識も必要であります。
やはり、将来を考え投資をすると決めた場合は、信頼のおける不動産会社などにご相談することをお勧めいたします。多くの情報を得られ、それらを参考にすることは非常に大事であると考えます。
マンション経営の魅力
資産形成・家賃収入・税金対策
上記で述べたように近年の金融機関での資産形成は超低金利により非常に難しい時代となりました。そして利回りの良い商品はハイリスクが伴います。そこでなぜ不動産投資が魅力なのか、まず現在不動産価格はかなり下落をしており、様々な魅力的な物件が市場に出てまいりましたので買い時には間違いありません。そして、自身で自分にあった物件を選ぶことができます。自身が条件、立地などを厳選することによりリスクを最小限に回避することが可能なのです。また、銀行などからの借入金などは利回りがよければ家賃収入などで充分充当ができ余剰金は自身の収入となるのです。そして、税金控除なども受けられるので目に見えた形での資産運用が可能なのです。
私的年金としての長期安定収入の確保
不動産投資(マンション経営)は長期的に安定した収入をもたらす資産運用であります。
公的年金制度が崩壊に近い現在では、将来に不安を持つ方が非常に多いかと存じます。誰もが老後は安定、安心を求めています。公的年金給付にかわるものとしてマンション経営など不動産投資が長期に渡り安定した収入を得られ、それらを補うものとして比較的リスクが少なく長期安定収入として近年ますます見直されております。
マンションを経営する方法
不動産投資は単なる資産運用でなくビジネスとして投資するオーナーも沢山おられます。証券の株投資などは、経営に一般的には参加できませんが、不動産投資の場合は、経営については全権が自身にあるのです。取得した投資物件からは出来るだけ多くの利益を得ることを常に考え努力することは必要であります。ただし、実際の運営などは出来るだけ信頼できる不動産業者に委託して煩わしことは避けることです。ビル管理、滞納家賃などの集金などまで自身でやるのでは「不労所得を得る」と言う不動産投資の意味がなくなることと、借主などとのトラブルもプロに任せたほうがいろんな意味でのリスクを回避できるかと存じます。
投資マンション選びのポイント
不動産物件の選び方は様々な考え方や方法があるかと存じます。如何にリスクを回避して多くの収益を長期的に上げることが最大のポイントであることは誰もが考えることでしょう。いくつかの投資ポイントを上げてみます。
新築物件の場合
最新の設備を備え購入価格も高いが銀行の借入などが比較的付きやすく長期的に収入を計算できます。入居率なども一般的に人気があり家賃なども高く設定できるメリットはありますが、2回目以降の契約の場合周辺とのバランスを考えなければ敬遠されることもありますので家賃設定は注意が必要であります。
中古物件の場合
物件も多く購入価格は安く、すでに賃貸されているので利回りなどはすぐに読める利点はあります。但し、安いからと言って外装や内装がしっかり管理されていたものを選ばなければ、大規模な修繕などをしなければならなくなり、思わぬ出費を被らなければならなくなるので慎重な選択が必要であります。実際、中古物件に投資する場合は別途改修資金も計算に入れることを考えるべきだと思います。また、築年数が多く経ているものは銀行の借入も付きぬくく長期的な安定収入も望めない場合もありますが、中古市場は様々な条件の物件がありオーナー様それぞれの考え方により、いろいろな選択方法が考えられます。短期での転売などもそのひとつかと思われます。
立地条件
例えば最寄り駅はどこかアクセスは便利か、この物件にニーズを求めている年代層に必要な条件(スーパー、コンビニ、病院、学校、公園等)などが揃っているか、借り手の立場になって考えれば比較的選択しやすく、パートナーの不動産屋さんなどから十分な情報を得ることも大事かと存じます。
物件の状態
まず、この物件なら自身なら住んでみたい住みたくないなどを考えてみることも必要であり、中古物件などは外壁や共用部分の老朽化や設備器機や水回り、部屋の間取りなどはしっかり自身でチェックすることは業者に任せるのではなく最低限必要なことであります。
後で思わぬ改修やリホームが必要な場合があり資金の調達が苦しくなる場合がありますので慎重に選ぶように注意してください。
物件の将来性
不動産投資は長期的な投資なので物件の将来性は必要不可欠です。近隣に大きな駐車場などや多くの空き地があれば将来マンションなどが乱立する予想も出来、将来の入居者確保が厳しくなる場合も考えられます。逆に近隣に地下鉄の駅などの開発などの計画があれば物件の価値は上ってくるメリットもありますので、そのあたりの情報はパートナーとして選んだ不動産会社などに調査を依頼することをお勧めいたします。
 
 
 

販売中

がもよんシティ
あやべホープタウン
グランドパレス堺七道
新北野
クリスタルヴィラ宮古島砂山ビーチ
用地募集
不動産ここだけの話
不動産投資とは
株式会社シティトラスト不動産は
チームマイナス6%に参加しています。

 
 

HOME新築マンション情報中古物件情報不動産売却をお考えの方お問合せ会社概要
事業内容採用情報プライバシーポリシーサイトマップ

COPYRIGHT 2008,citytrust Real Estate Co,Ltd. All Rights Reserved.